知っておこう!ヘルペスの基礎知識

ヘルペスウイルスの種類

「ヘルペス」は、ヘルペスウイルスが原因となる感染症の一種です。主に唇の周辺に水膨れのような症状が現れる「口唇ヘルペス」と、性行為によって感染する「性器ヘルペス」が知られていますが、小さな発疹が多出して広がり、やがて赤く大きくただれたような状態になる「帯状発疹」もヘルペスウイルスを原因とする病気のひとつと捉えられています。 ウイルスの種類は大きく、2つに分類されます。口唇ヘルペスの原因となるのは一般的に「1型」とよばれる、HSV-1型ウイルスで、これは主に上半身に発症。唇や口角付近の皮膚や顔、歯茎や角膜に痛みを伴った水膨れというカタチで発症します。重度になると脳に感染し、ヘルペス性脳炎を引き起こす可能性があるため注意が必要です。性病のひとつとして認識されている性器ヘルペスの原因となるのは「2型」と呼ばれるHSV-2型ウイルスで、下半身を中心に発症し、主に性器や肛門などに症状が現れます。

性感染症で上位の性器ヘルペス

性器ヘルペスは、STD(性感染症主)の中でも上位にランクインしている病気です。男性では性器クラミジア・淋菌感染症について3番目に患者が多いと言われています。女性では、性器クラミジアに次いで2番目に患者が多い性感染症です。 性器ヘルペスの患者を年代別に見ると、他の性感染症によく見られる傾向である10~20代の若い世代に偏っている訳ではありません。20~40代までは、ほぼ同数が報告されています。

ヘルペスウイルスの症状

口唇ヘルペスは唇や口角など、口の周囲に発症するヘルペスです。口の周りがピリピリしたり、チクチクしたりする場合は口唇ヘルペスの可能性があります。 症状としては、痒みやほてりが生じ、しばらくすると赤く腫れ上がった水膨れになることもあります。放置しておくと水膨れが大きくなってくるので、悪化する前に対処する必要があります。
性器ヘルペスは、口唇ヘルペスと同様に、感染した場所に水膨れが生じ、それがやがてつぶれて、ただれたような状態になります。男性と女性とで症状に違いがあり、男性の場合は生殖器の表面に違和感が生じ、やがて赤い発疹から水膨れとなります。水膨れが破れると強い痛みを感じることもあります。女性の場合は性器の構造が複雑なこともあり、男性よりもさらに激しい痛みを伴うケースがあります。強い痛みで排尿が困難になったり、便秘を引き起こしたりするケースもあります。
ヘルペスが再発した場合は、軽い痛みや痒みを実感する程度となりますが、何度も再発を繰り返すようになるため、治療や予防策を学んで、しっかりと対策することが大事です。

ウイルスの感染経路

この1型と2型のHSVウイルスは完全に分類されるわけではなく、1型が感染して下半身に発症する可能性もあります。例えば、口唇ウイルスのキャリア(ウイルスを体内に保有している者)が患部に触れた手で、別な人の性器に触れたりオーラルセックスをした場合に感染する可能性があり、相手が性器ヘルペスを発症するケースもあります。 これらのように、ある特定の部位に発症するヘルペスを「単純ヘルペス」と呼び、帯状疱疹と大きく区別されます。また、水疱瘡もこのHSVウイルスを原因とするヘルペスの一種として捉えられています。このヘルペスは非常に感染力の高いウイルスで、直接感染や飛沫感染などで周囲の人々にうつってしまいます。

潜在的なキャリアが多いヘルペス

実はこのヘルペスウイルスは一度感染すると体内の神経系の裏側に潜み、なかなか根治しないやっかいな病気のひとつとして捉えられています。風邪をひいたときやストレスが続いたときなどに免疫力が低下し、その時に潜んでいたヘルペスウイルスが活発に活動して発疹を発症させます。この発疹の原因が感染力の高いウイルスだという認識がなく、単なる風邪の症状の一つだと勘違いし、発疹を触った手で周囲の人に触れることで容易に感染してしまいます。 特に育児中の女性が自分のお子さんに移してしまうケースや性行為を通じて大切なパートナーにうつしてしまうことも多々あります。 ヘルペスは、国民の約70%が感染しているとの調査結果もありますが、ヘルペスウイルスに対する認識の低さが原因とされています。しかも、このヘルペスウイルスは感染しても必ず発症するわけでなく、潜在的なキャリアとなるケースも見られます。 最近、50代の女性の間で悩みが広がっている帯状発疹も、基本的にはこのHSVウイルスが原因とされていますが、近頃は他人と接触していないなどの理由から、ウイルスに感染する理由が見つからないという方も多くいらっしゃいます。その多くは、先の述べた潜在的なキャリアの方が、50代を過ぎて免疫力が急激に低下したことで、これまで身体のどこか奥底に眠っていたウイルスが活性化して発症するというパターンなのでしょう。

女性の患者が多い性器ヘルペス

実はこの性器ヘルペスは統計によると、男性よりも女性の感染者の方が多くなっています。これは生理や妊娠が大きな理由ではないかと推測されています。若い女性ほど患者数が多く、不特定多数のパートナーとの性行為もその要因のひとつとされています。ヘルペスに感染している女性が妊娠すると胎児に胎盤内での感染を引き起こす可能性もあります。出産を控えている女性に思い当たる節が見られたら、早急に医師への相談が必要です。
性感染症のひとつと認識されている性器ヘルペスの主な感染経路は性交渉やオーラルセックスによるものです。特に不特定多数の相手との性交渉を重ねると、その分リスクが高くなります。性交渉によって粘膜が傷つき、そこからヘルペスウイルスが体内に侵入してきます。下半身に発症するHSV-2型のウイルスは腰の裏側の神経に潜んでいるといわれています。ヘルペスウイルスのキャリアとの性行為によって感染する可能性は非常に高くなっています。性行為の際のコンドームの着用は必須ですが、患部に触れた手や唇を介して感染するケースもあるので、明らかにパートナーがヘルペスを発症している際には性行為を避けるべきでしょう。良く手を洗って、患部をマスクなどで隠し、感染を防ぐしかありません。

ヘルペスの治療方法

感染力が強く、しかも体内に潜んで再発を繰り返すヘルペスの治療には一般的な抗生物質ではなく、抗ウイルス薬を活用します。薬には錠剤や顆粒の経口薬と患部に直接塗布する軟膏があり、どちらかの薬品を使用するか、あるいは経口薬と塗り薬の両方を併用して治療するケースもあります。重篤な場合には点滴を用いて治療に当たるケースもあります。 一般的には口唇ヘルペスの治療には軟膏を、性器ヘルペスの治療には経口薬が用いられます。口薬の場合には最初の発疹が出てから3日以内に服用を開始すれば服用をはじめた翌日から効果を実感する人が数多くいます。ヘルペスに感染していても、治療開始時期が初期段階にあればあるほど医薬品による治癒率は高くなります。早く治すにはできるだけ早く治療を開始する必要があります。素早く正しい治療をすればおおむね2週間以内に症状は治まります。再発を防ぐためには予防を目的とした薬物を継続的に服用し続けることで、ウイルスの活動を抑えることができます。 もっとも代表的な治療薬として認識されているのがバルトレックスという服用薬です。その有効成分であるバラシクロビルは体内でアシクロビルという物質に変化し、ヘルペスウイルスに取り込まれることでDNA合成を崩壊させるというものです。ウイルスの活動を閉じ込めながら発症を抑えます。また患部に直接塗布する軟膏も有効です。「アラセナS」「アラセナSクリーム」「アクチビア軟膏」「ヘルペシアクリーム」「ヘルペエース」といった商品名で市販されているので、気軽の購入が可能です。薬物治療と併せて体質改善も有効です。

予防をすることで安心できる性生活を

先に述べたように、ヘルペスは風邪をひいたり、ストレスが溜まることで免疫力が低下し、ヘルペスウイルスが活性化すると発症する病気です。規則正しい生活と食生活を送り、体質そのものを改善していく必要があります。ヘルペスウイルスの活動を抑制するといわれている成分もあり、サプリというカタチで販売されているのがリジンです。このリジンは主に蕎麦に多く含まれている成分で、もちろん副作用の心配もない健康食品として注目を集めています。他にもビタミンB5やビタミンB12、亜鉛などの栄養素もヘルペスウイルスの活性化を抑制する作用があるといわれています。薬物による治療と併せて、日頃から食生活に取り入れることでさらに予防効果が高まります。

体質改善による予防も有効

性器ヘルペスは再発を繰り返す恐ろしい病気です。ヘルペスに感染すると、安心してパートナーとの性生活が楽しめなくなりますので、普段から治療薬を服用しながら予防しておきたいもの。性器ヘルペスに限っては、予防目的としてバルトレックスを無制限で購入することができますが、年6回以上の再発を繰り返す場合に限るという付帯条件が定められています。それ以上に必要となる場合は、保険適用外となるため、高価な買い物になってしまいます。しかもこのバルトレックスは市中のドラックストアでは入手することはできません一定量のバルトレックスの購入が必要となった場合にはネット通販を活用して入手します。安価に購入したいのであるならば、個人輸入のサイトを活用するか、あるいはジェネリック薬品の購入を検討するのがベストです。

ヘルペスに効く薬なら
バルトレックスがオススメ♪
バルトレックス500mg
「性器ヘルペス」にはバルトレックスがオススメです。
単純ヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹の治療に用いられる錠剤です。