意外な事実!ヘルペスの感染・原因を知って対策する方法

ヘルペスに感染するまで

ヘルペスは幼少期に感染します

ヘルペスは昔から蔓延しているウイルスです。日本人がヘルペスに感染する場合、その多くは幼少期の頃となります。周囲のヘルペスキャリアの唾液等から感染してしまいます。

国立感染症研究所のレポートによると、生活環境によって異なるが、成人するまでに感染する確率は、50~80%と非常に高い数値となります。故に、ほとんどの人がヘルペスに感染しているといっても過言ではありません。

単純ヘルペスに感染していると、無意識の間にヘルペスウイルスを排出していて、唾液からでも感染します。また、主に性行為から感染する性器ヘルペスは、キャリアになると70~80%の人が無症状でウイルスを排出しているそうです。

アメリカでの調査データによると、一般の人が10%前後なのに対して、娼婦やコールガールと呼ばれるセックスワーカーの80%がヘルペスキャリアであるという結果もあります。

何より怖いのが、性器ヘルペスに感染してしまうと、自覚症状の無いまま、他人にうつしてしまっている可能性が非常に高いことです。また、性器ヘルペスに感染していると、HIVウイルスに感染する確率が非常に高くなってしまいます。

※データ引用:NIID国立感染症研究所 性器ヘルペスウイルス感染症

体内に潜んだヘルペスウイルスが原因

体調不良の時にヘルペスは発症します

体内に潜んでいるウイルスが発熱や紫外線、歯科治療などの刺激やストレスを受けることで活性化され、再び症状を引き起こします。風邪をひいたときに口の周りに水膨れができたことはありませんか。それは風邪の症状のひとつではなく、刺激を受けたヘルペスウイルスが活性化し、口唇ヘルペスを引き起こします。

こういった自覚症状がある場合、ヘルペスウイルスのキャリアであることは疑いのない事実といえます。

発症箇所による違い

ヘルペスウイルスは口や顔面に発症する水膨れの原因となる1型=HSV-1と、下半身、主に性器に発症する2型=HSV-2とに分類されす。HSV-1に感染すると歯茎や顔面、角膜などに発症する場合もあります。重度な場合には脳に感染して、ヘルペス性脳炎を引き起こす可能性もあるため注意が必要です。HSV-2は性器や肛門に感染します。

原因不明の発症メカニズム

しかしながら現時点で、体内に潜伏したヘルペスウイルスが活性化するメカニズムや原因は、判明しておりません。そもそも、疲労やストレスといった短期的には身体機能に影響が生じない症状自体が、科学的に解明されていないのも原因です。

宿主の免疫力が低下している為、ヘルペスウイルス自身が生命の危機を感じ、体外に生存の可能性を求めて、増殖し活性化し繁殖を目指しているともいえます。ただ結果として、疲労やストレス等で身体が弱っている時にヘルペスの症状があらわれている事実は変わりませんので、普段からヘルペスの症状でお悩みの方は、体調が良くない時は特に注意が必要です。

帯状疱疹もヘルペスの一種

日本人の約7割がウイルスのキャリアであるという調査もあるほど、国民的な病気となりつつあるヘルペス。唇の周辺に水膨れができる口唇ヘルペス患者がもっとも多く、その次に性器に同様の水膨れができる性器ヘルペス患者が多く存在します。これら一か所に症状が現れる単純ヘルペスのほかに、小さな湿疹がたくさん発症したうえに繋がって広がっていく帯状疱疹に悩まれる人も多くなっています。この帯状疱疹は実は50代以上の女性の発症が多くなっています。

水ぶくれもヘルペスが原因

これらの水膨れの原因はひとつ。ヘルペスはウイルス性の感染症です。誰かが持っていたウイルスに感染することで、どんどん人から人へとうつる病気です。しかし、中には“最近、人と接していないけれど”と思う人がいるかもしれません。特に50代を過ぎて帯状発疹を患う人などは、まったく感染経路に思い当たる節がないという人も多くないでしょう。

実はこのヘルペスウイルスは一度感染すると、体内の神経系の裏側に潜んでいて、完全に根治することが難しいといわれています。すなわち、20代や30代の頃にヘルペスウイルスに感染し、自覚症状もないままにキャリアとなって、50代を過ぎて体力の衰えとともに免疫力が低下したことで発症してしまうのです。

ヘルペスウイルスの感染経路

このヘルペスウイルスは直接感染と飛沫感染などが考えられるため、感染経路は無限にあるといえます。患部に触れた手で誰かに接触すれば、間違いなくその相手もヘルペスウイルスに感染します。口唇ウイルスの場合、口の周りに患部が存在しているため、くしゃみや咳などによって空気中に拡散され、そのまま周囲にいる人に感染する可能性もあります。

ヘルペスは人に感染る

ヘルペスは人に感染る

これまで、風邪はうつるという認識はあったものの、このヘルペスが感染するという認識も持つ人が多くなかったため、マスク着用などのマナーがなく、公共交通機関内や学校、会社などで感染が拡大した経緯は否めません。また正しい知識や情報不足により、意図せずにうつしてしまう・感染してしまった可能性もあります。
ヘルペスに感染後、自覚症状を覚えるのは10%程度ともいわれていますから、自分がヘルペスウイルスのキャリアであるかどうかわからない状態で生活を続けている人も少なくないのです。

ヘルペスに感染してもすぐに重症化する訳ではない

もちろん、ヘルペスキャリアだからといって、すぐに重篤な状況になるわけではありません。再発を繰り返したり、口の周りの水膨れが長く引かない場合など、心配な症状が生じるのであれば、一度医師の診断を受けてみると良いでしょう。まずはご自身の体の状態を正しく認識することで安心した生活が送れるはずです。

性器ヘルペスは性行為で感染する

性器ヘルペスは性行為で感染

性器に赤いただれや水泡が生じる性器ヘルペスの感染経路のほとんどが性交渉時において粘膜部に生じる擦過傷によるものです。また口唇ヘルペスのウイルスがオーラルセックスで性器に感染したり、口唇ヘルペスの患部を触った手でパートナーの性器に触れることで感染することもあります。また口唇に潰瘍ができている時にディープキスをしても、相手にうつしてしまうので注意が必要です。

便座は要注意!便座からも感染する可能性が!

注意が必要なのが不特定多数の人が使用する便器です。西洋式便座経由で感染する例も少なくありません。やはり感染率が高いのは性交渉ですが、不特定多数の相手との性交渉ほど当然のことながら感染率は高くなります。

しかし、ヘルペスキャリアの方が性行為そのものを避けるべきということではありません。水膨れなどの症状があらわれていなければヘルペスウイルスの出現量が少なく、感染に至らない可能性も高いようです。やはり固定のパートナーであれば、相手の体調やヘルペスの発症の状態に配慮しながら性行為ができるので、感染の可能性はぐっと低くなります。

男性の方が再発し易い!

実は、男性の方がヘルペスを再発しやすく、しかも症状が軽いので、人にうつさないように気をつけましょう。中には、極稀にヘルペスの症状がないのに、時々口や性器からウイルスを出している人もいるそうです。

【日常生活での感染パターン】
口唇ヘルペスの症状が出ている人とキスや回し飲み、同じ食器を使用
口唇ヘルペスの人のくしゃみによる飛沫感染
単純ヘルペスウイルス(口唇ヘルペスや帯状疱疹)の患部に触れる
性器ヘルペスの人が座った便座から感染
【性行為での感染パターン】
性器ヘルペスの人とセックス
口唇ヘルペスの状態でオーラルセックス→性器ヘルペスに
ヘルペスに効く薬なら
バルトレックスがオススメ♪
バルトレックス500mg
「性器ヘルペス」にはバルトレックスがオススメです。
単純ヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹の治療に用いられる錠剤です。

日常的に可能なヘルペス予防

日常生活においてもパートナーへの配慮は必要です。まずは医師の診断を受けて、自分がヘルペスウイルスのキャリアなのかどうかを認識しましょう。

CASE:1.ヘルペスキャリアで無い場合
日本人の約70%もの人がヘルペスウイルスに感染していると言われています。その為、感染していない人は残りの約30%と、少数派となる計算です。日常生活を送る上で、完全に予防するというのは、人との接触を絶たない限りほぼ不可能となります。またヘルペスキャリアかどうかの検査をしていない人がほとんどだと思いますので、「自分はキャリアかもしれない」という大前提にしてしまえば、色々と対策方法も簡単となります。

免疫力を落とさない
過度なストレスを受けない
体調管理を徹底する
長時間日焼けするような状況を防ぐ
うがい・手洗いを徹底する
人混みを極力避ける
公衆トイレ等不特定多数の人が利用するトイレでは、便座を除菌してから利用する

上記の例は、基本的にはヘルペスウイルスを活性化させない予防策となります。仮に感染していない人でも上記の予防策を講じておくだけで、ヘルペスの症状が出るの防ぐ効果もあります。

CASE:2.ヘルペスキャリアの場合
ヘルペスは自身の体調が悪くなると症状が起こりやすく成る病気です。ヘルペスウイルスを体内から完全排除することは、現在の医療技術では確立されていないため、ヘルペスを活性化させない事が先決となります。
またSTD(性感染症)でもある性器ヘルペスを移す可能性もあるため、パートナーと性行為をする場合は、コンドームを着用してお互いの身を守るのも大事です

再発予防のために薬を服用しながらヘルペスの活性化を抑え、こまめに手を洗ったり、体調やストレスをコントロールして免疫力が低下させないことが重要です。

性器ヘルペスの再発予防には、バルトレックスという薬を用いるのが一般的ですが、このバルトレックスは年6回以上、ヘルペスが再発を繰り返す場合に限って処方箋による購入が可能な薬です。
それ以上に必要となる場合は、保険適用外となるため、高価な買い物になってしまいます。また、このバルトレックスはドラッグストアで市販されていないため、予防用として、一定量のバルトレックスの購入が必要となった場合には一般的に、ネット通販を活用して入手します。