口唇ヘルペスの治療。抗ウイルス薬を飲んでヘルペス退治

口唇ヘルペスの治し方

口唇ヘルペスの治療方法は、大きく分けて3つに分類されます。

抗ヘルペスウイルス薬を飲んで治療

口唇ヘルペスの治療で皮膚科を受診すると、飲み薬である経口薬か塗り薬の軟膏が処方されます。両方処方される場合もあります。塗り薬であれば、病院に行かなくてもドラッグストアで買える薬もありますが、病院でもらえる薬よりは効果が劣ります。飲み薬の経口薬は、医療機関を受診しないと処方されない「処方箋医薬品」に分類される薬ですので、医師から出してもうらしか方法はありません。

この経口薬は服用すると全身に抗ヘルペスウイルス薬の効果が行き渡るため、非常に効果が高く素早く治療できます。代表的な薬として「バルトレックス」や「ゾビラックス」や「ファムビル」があります。塗り薬を塗れない口の中の症状にも効果を発揮してくれます。

市販薬で治療

比較的再発しやすいのが口唇ヘルペスの特徴です。再発時に限り、治療用の塗り薬をドラッグストアで購入して、治療する方法もあります。中にはスイッチOTC薬と呼ばれる薬も販売されています。スイッチOTCとは、効能と安全性が認められた、医療用医薬品(処方される薬のこと)が一般用医薬品(市販薬)にスイッチした薬の事です。OTCとは、”Over The Counter”のことで、カウンター越しの販売を意味し、購入時に薬剤師によって説明が義務付けられている薬のことです。「ヘルペシア軟膏」などがスイッチOTC薬です。処方箋医薬品の「ゾビラックス軟膏」と同じ成分を使っているため、効果も非常に高い薬となります。

市販薬での治療は、口唇ヘルペスの再発時だけとなることにご注意下さい。初めての場合は症状がヘルペスかどうかの診断ができないため、確実に治すためには、医療機関を受診することが一番確実な治療方法と言えます。しかし口内に病状が出てしまうと、適切な市販薬が少ない為、医師から処方してもらう経口薬を服用して治療していきます。

自然治癒

口唇ヘルペスの自然治癒はオススメできませんが、放置していても発症から2週間程度で治ってしまいます。自然治癒をする場合は、ご自身の持つ免疫反応によって完治までの日数が変わってきます。しかし、放置すると完治までに日数がかかってしまうため、その間に他の人にヘルペスウイルスを撒き散らしてしまう可能性が非常に高くなります。他人にうつさない為だけでなく、感染範囲を拡大させない為にも、自然治癒はオススメできません。

市販薬で治癒する時の注意点

口唇ヘルペスが発症して水ぶくれが破れる前までしたら効果はあります。しかし、潰れた後になると、かさぶたができ自然と剥がれるのを待つだけとなるため、薬を塗ったとしても保湿効果は期待できるものの治療効果は少なくなります。そのため、水ぶくれができる前までが早く治す為の勝負のポイントとなります。

口唇ヘルペスに効く薬

経口薬(飲み薬)
皮膚表面と体内にいるヘルペスウイルスに作用
塗り薬
皮膚表面のヘルペスウイルスに作用

口唇ヘルペスに効く薬は、抗ヘルペスウイルス効果がある主成分「アシクロビル」やその改良した薬「バラシクロビル」を主成分とした薬です。これらの治療薬を使うことで、ヘルペスウイルスの活性化を抑えることができ、症状が改善されていきます。上記以外には、市販されている「アラセナS」の主成分「ビダラビン」やファムビルの主成分「ファムシクロビル」などがあります。

飲み薬は、体全体に効果があらわれますが、塗り薬は塗った患部のみ局所的な効き目しかありません。しかも皮膚表面のヘルペスしか退治できません。

口唇ヘルペスに効く経口薬

口唇ヘルペスに効果的な経口薬は、バラシクロビルを主成分とした「バルトレックス」、その先発医薬品の「ゾビラックス」、ファムシクロビルを主成分とした「ファムビル」が日本でも処方されています。

薬の名前 主成分
バルトレックス バラシクロビル
薬の詳細はコチラ
ゾビラックス アシクロビル
薬の詳細はコチラ
ファムビル ファムシクロビル
ビロビル ファムシクロビル
薬の詳細はコチラ
セントレックス バラシクロビル
薬の詳細はコチラ

ビロビルとセントレックスは、ジェネリック薬とっていて、ビロビルはファムビルの、セントレックスはバルトレックスの後発医薬品です。このジェネリック薬は高品質低価格が売りのインド製の薬で、非常に安価に購入できます。日本では未承認薬の為、購入する場合は通販サイトを通じて海外から取り寄せることで、入手できます。安価で購入できるため、特にセントレックスは性器ヘルペスの治療や再発抑制療法では抜群の費用対効果を発揮してくれます。主成分が元の薬と同じなので、治療効果は先発医薬品とほとんど同じものを期待できます。とにかく費用を抑えて治療したいという方や、急な再発に備えて自宅用に治療薬をストックしておきたいという場合には、ピッタリな薬といえます。また経口薬は、体全体に効果が表れる為、活性化したヘルペスウイルス全体を抑え込むことができます。口唇ヘルペスとして唇周辺にあらわれたヘルペスだけでなく、他の箇所で病変を起こそうとしているヘルペスにも効果があるため、症状の改善が早くなります。

口唇ヘルペスに効く塗り薬

塗り薬は病院でも処方されます。

薬の名前 主成分
ゾビラックス軟膏 アシクロビル
アラセナA ビダラビン

市販されている薬でも効果が高い薬もあります。

オススメの市販薬

薬の名前 主成分 メーカー
アクチビア軟膏 アシクロビル グラクソ・スミスクライン株式会社
アラセナS ビダラビン 佐藤製薬株式会社
ヘルペシアクリーム アシクロビル 大正製薬
アクチビア軟膏 アシクロビル グラクソ・スミスクライン株式会社

この辺りの市販薬は様々なドラッグストアでも販売されていて、比較的効果が高くオススメの薬です。口唇ヘルペスの再発時には、近所で購入できるため重宝できる塗り薬です。

口唇ヘルペスを1日でも早く治すためには・・・

口唇ヘルペスを早く治すためには、症状が表れる予兆段階から治療を開始する必要があります。

開始するタイミング
予兆段階もしくは初期段階
必要なもの
抗ヘルペスウイルス薬の塗り薬
あると更に良いもの
抗ヘルペスウイルス薬の経口薬

1日でも早く治したいという方には、水ぶくれになる前までに治療を開始する必要があります。口唇ヘルペスが発症する場合は、予兆段階で唇がピリピリしてきます。その段階で塗り薬を塗り始めてしまうか、赤くなってきた段階で薬を塗ってしまうことです。

1分でも早く治したいという方には、経口薬を服用して治療する方法がオススメです。口唇ヘルペスの治療なら、驚くほど早く効果を発揮してくれます。しかし、皮膚科を受診しても治療に必要な量しか薬を処方してもらえませんので、常備薬として備えておくのは中々難しいのです。

通販サイトを利用して治療薬を購入する

この問題を悩みをする方法は、通販サイト利用して治療薬を購入することで、解決できます。海外でも日本でも処方されているヘルペス治療薬のバルトレックスやゾビラックスがヘルペス治療で使われています。薬や成分自体は国境を超えても全く同じ薬なのです。違うのは包装されているパッケージや添付書類が日本語か外国語国だけです。また国によっては、医師の処方箋が無くてもドラッグストア等で市販薬として購入できたりもします。事実アメリカでは、州によって制度が異なり、ドラッグストアで買える州もあれば、日本と同じく医師の処方箋が必須な州もあります。そのような処方箋医薬品を市販されている国から個人輸入することで、日本で流通している薬と全く同じものを購入することができるのです。医薬品の通販サイトを利用することで、医師の診察をうけることなく購入可能となっています。

通販サイトのメリット

通販サイトから薬を購入するメリットは、「治療に必要な量」だけでなく「自分が必要な量」を購入できる点です。処方箋医薬品を個人輸入する場合は、治療に必要な分量の1ヶ月分までと決められています。この範囲内であれば好きな分だけ薬を購入することができるのです。もちろん決められたルールをしっかりと守れば、合法的な行為となっています。日本では未承認の薬を取り寄せる場合も同じです。事実たくさんの方が医薬品の個人輸入をしていて、特に性器ヘルペスの再発抑制療法の為に毎日バルトレックスを服用している方は、通販サイトからバルトレックスを安価な値段で購入することで、薬代を抑えている方もたくさんいます。この性器ヘルペスの再発抑制療法は、年に6回以上再発を繰り返す症例に限り保険適用となるため、再発の頻度が年に6回未満の少ない人の場合は、どうしても高額な負担になってしまうのです。性器ヘルペスに感染してしまうと、薬を服用し続けなければ、いつ再発するのかわかりません。ヘルペスの症状が出ていなくても性器からヘルペスウイルスを無自覚で出していることが多々あるため、セックスパートナーに性器ヘルペスをうつしてしまう可能性があります。一度感染してしまうと一生涯付きまとう症状の為、薬を服用し続けることで、安心できるのも事実です。また、バルトレックスではなくジェネリック薬のセントレックスを服用していくことで、より安価にヘルペス治療をしている方もいます。賢く利用することで、効果的な治療ができるのです。

忙しい方には通販もオススメ

最適な治療方法はやはり医師の診察を受けることがベストですが、時間的な問題などでどうしても受診できない人には、このような治療方法もオススメです。また、市販されている塗り薬で治療をするよりも、経口薬の方が治療効果は高い為、状況次第では費用を安く抑えることができる場合もあります。

再発頻度とライフスタイルに合わせて治療方法を選んでみてはどうでしょうか?