ヘルペスは病院の何科を受診したら良いの?検査方法は?

ヘルペスの初期症状

ヘルペスになってしまった場合、いくつかの特徴的な初期症状が現れます。ヘルペスの種類別にまず初期症状を確認してみましょう

口唇ヘルペスの初期症状

特徴的な症状
初感染時は高熱がでる
唇の周りがかゆくなる
唇の周りにチクチクとした痛みを感じる
唇の周りに違和感を感じる
唇の周りに赤い腫れができる
水ぶくれができる
水ぶくれが破れただれた感じになっている

上記のような症状が出てしまった場合、特に後半の症状が出てしまっている場合は、口唇ヘルペスの可能性が非常に高いです。赤い腫れから水ぶくれになるにつれ、ウイルスが内部で増殖していきます。この時点でウイルスが蔓延していますので、キスなどからでも他人にうつしてしまいます。

水ぶくれが破れてしまうと、ウイルスが周りに飛び散った状態になりますので、口周りだけでなく、鼻や頬などヘルペスの病症が広範囲に拡大してしまう可能性があります。

性器ヘルペスの初期症状

特徴的な症状
性器にひりひり感、むずかゆさ、熱っぽい感じ、痛み
性器に赤いぶつぶつができる
性器に水ぶくれ・水ぶくれが破れてただれた状態
性器に激しい痛み
排尿時に痛みを伴う

性器ヘルペスは、ヘルペスの症状が性器付近で発症してしまうと性器ヘルペスとして、性病になってしまいます。感染原因は、性器ヘルペスキャリアの方との性行為以外で、便座やお風呂などからも感染してしまう可能性があります。

ヘルペスウイルスは、非常に強力なウイルスですので、必ずしも性行為のみから性器ヘルペスになるとは限りません。

まずは自分で病症を確認

ヘルペスになってしまったかなと思ったら、病状が感染してから2日~10日前後で発病します。性器ヘルペスだと潜伏期間が長かったり、人の抵抗力で日数が変わってきますが、病変が比較的顕著にでますので、注意深く観察していれば気づけます。

しかし男性の場合は、ヘルペスの自覚症状が出ない人もいるそうですので、注意が必要です。ヘルペスの初期症状の赤いかゆみは、虫刺されと勘違いして見落としてしまいがちですが、徐々に悪化していきますので、すぐに分かるかと思います。

検査方法について

詳しい検査については、病院で行えます。口唇ヘルペスなら皮膚科、もしくは口腔歯科での診察となりますが、性器ヘルペスになると、男性なら泌尿器科、女性なら婦人科を受診してください。もし口唇ヘルペスが悪化しているようでしたら、口腔歯科をオススメ致します。こちらは普通の歯科と異なり、口腔つまり口の中の病気を見てくれる専門医となります。もし普段からのかかりつけの歯科が口腔歯科でしたら、一度電話で相談してみてはいかがでしょうか。普通の歯科では、歯の治療が専門となり、口の中の病気は専門外の為、受診しても適切な治療をしてもらえない可能性があります。もし心配でしたら、事前に電話で確認してみましょう。

また帯状疱疹や水水疱瘡(みずぼうそう)の場合は、皮膚科となりますが、もし子どもがかかってしまった場合は、小児科もしくは皮膚科での診察となります。この病気の場合は、他の人に感染する可能性が非常に高い為、受診をする前に病状を伝えておきましょう。病院によっては、他の人にうつさないように、別の入口や他の患者と一緒にならないように配慮してくれます。

抗原検査について

抗原検査は、病状の成分を直接採取して、調べる方法です。水ぶくれから直接成分を摂取するため、より確実な検査方法と言えます。しかし、水ぶくれを潰したりしますので、多少の傷みを伴います。

血液検査について

血液検査の場合は、採血して成分を調べる方法となります。注射が苦手な方には非常につらい検査となります。また、ヘルペスに感染してからしばらく経っていないと正確な結果が出ないため、抗原検査の方が一般的です。

性器ヘルペスの検査

性器ヘルペスの場合、性器周辺にヘルペスの症状が出る病気です。単純ヘルペスと呼ばれる1型の場合と、2型の場合とでは、再発率が異なります。

再発率は2型の方が圧倒的に多く、再発する人の95%とも言われています。更に2型の内、3割の人が月に1回~年に数回も再発しているデータもあります。

性行為で性器ヘルペスに初めて感染した場合に症状がでると、重症化しやすい傾向にあります。38度以上の高熱や痛みを伴ったりします。しかし、再発の場合は、症状も比較的軽めで赤いぶつぶつなどの病状も少なく、気づきにくい場合もあります。検査方法も、口唇ヘルペスと同じく、みずぶくれなどの病状から成分を直接摂取して検査します。

病院で診察してもらうには?

病院で診察してもらうには?

口唇ヘルペスの場合なら、先に紹介した通り、皮膚科で病症部分を診てもらいます。しかし性器ヘルペスの場合は、自分の性器を泌尿器科なり婦人科で診てもらうため、慣れていない人なら非常に恥ずかしいです。

初診料も含めて、保険適用で3割負担の場合大体3,000円前後くらいが目安となります。しかし重症の場合、薬の量が増えると更に多くかかる場合もあります。また、性風俗関連で従事している方の場合、保険証が無い方もいたりします。また保険の使用履歴を残したくない方もいると思います。

その場合は、病院で診察するより、薬を直接購入した方が安く済みます。ヘルペス治療薬を通販サイトで購入してしまえば、医師の診察を受けるために、平日に仕事を休んで時間をつくる必要もありません。
実は、医師の診察を受けて処方してもらう薬も購入できますので、結果的に時間も費用も節約できます。

また、性器ヘルペスの場合、自分の性器を医師に見せる必要もありませんので、恥ずかしい方にもオススメです。

こちらで紹介するサイトは管理人も定期的に購入している安心して買える通販サイトです。

バルトレックス
評価:4.2
内容量…1箱10錠
バルトレックス500mgは、性器のヘルペス・エイズ・水痘などの治療のために処方される薬剤です。
他にも帯状疱疹や単純疱疹の治療にも用いられており、成分となっているバラシクロビルは、現在でも医学の現場で用いられています。
主に、これらのウイルスの増殖を抑え、殺菌することを目的として使用されることが一般的です。

ボタンをタップすると、あんしん通販薬局に移動します。

バルトレックス500mg まとめ買いがお得です!
1錠あたり 販売価格
バルトレックス500mg
3箱セット
@300円 9,015円
購入する
バルトレックス500mg
2箱セット
@328円 6,567円
購入する
バルトレックス500mg
1箱
@398円 3,980円
購入する
バルトレックス1000mg まとめ買いがとってもお得です!
1錠あたり 販売価格
バルトレックス1000mg
3箱セット
@394円 24,870円
購入する
バルトレックス1000mg
2箱セット
@431円 18,117円
購入する
バルトレックス1000mg
1箱
@522円 10,980円
購入する