ヘルペスに効くオススメの薬 症状に合った薬で治療する

まずはヘルペスの種類を知る

感染力が強く、再発を繰り返し根治が難しいヘルペス。主に唇の周辺に水ぶくれができる口唇ヘルペス性器に水ぶくれが発症し、性病の一種として認識されている性器ヘルペスなど、単一箇所にひとつ、もしくは数個程度の水ぶくれができる単純ヘルペスと、小さな発疹が帯状に広がり、皮膚そのものを突っ張らせて痛みを感じさせる帯状疱疹に分類されます。
また水疱瘡もヘルペスの一種として捉えられます。

単純ヘルペスについて

単純ヘルペスも上半身に発症する1型と下半身に発症する2型に分類されます。どちらも体内に入り込んだウイルスが原因となります。このヘルペスウイルスがなかなか厄介な存在で、一度感染すると人の神経系の奥底に潜んでしまいます。風邪をひいたり、強いストレスを感じたりするなどの理由から免疫力が落ちたときに活発になって発症します。

特に下半身に発症する2型の単純ヘルペスは腰周辺の神経に潜んでいて、ことあるごとに発症を繰り返す厄介なウイルスです。

ヘルペスの治療法

ヘルペスの治療法

ヘルペスの治療には主に薬物治療が行われています。再発防止の予防策にも薬が用いられます。薬の種類は主に、錠剤、顆粒状の内服薬と患部に直接塗布する塗り薬、いわゆる軟膏と、さらに重度な場合には点滴を用いた薬物療法が行われることもあります。

基本的には初発時には病院で診療を受けて処方箋を発行してもらい、門前の調剤薬局で購入します。唇の周囲に水ぶくれができる口唇ヘルペスの場合には塗り薬が処方されることが多いですが、重度の場合には飲み薬も併用して治療を行うことがあります。

性器ヘルペスに効く薬

性器ヘルペスにはバルトレックスがオススメ

性器ヘルペスの場合には錠剤、もしくは顆粒状の内服薬が処方されます。現在、もっとも効果が高いといわれている内服薬はバルトレックスと呼ばれる薬で、この薬はヘルペス発症後5日以内に飲み始めれば、早い人で翌日から効果が現れるといったケースも見られます。

ヘルペス治療薬バルトレックスについて

ただし、このバルトレックスは治療用として一定量を処方してはもらえますが、再発を防ぐための予防用として門前薬局で購入することができません。現時点では、年6回の再発が認められた場合にのみ処方されるものです。ヘルペスが発症するたびに病院に行かなければならないのは、忙しい社会人にとっては無理な話です。

バルトレックス500mg

バルトレックス500mg

バルトレックスは、性器ヘルペスを始め、単純ヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹の治療に効果のあるお薬です。

1箱10錠:3,980円

病院では1回の処方に制限がありますが、通販なら希望する分量を購入できます。常備薬としてまとめ買いすれば更にお得に購入できます。

製造元:グラクソ・スミスクライン社
主成分:バラシクロビル
1箱10錠入 1錠あたり:398円

評価:4.2

市販のヘルペス治療薬

実は口唇ヘルペスについては、いくつかの市販薬が出回っています。患部に直接、塗布する軟膏タイプの薬で、病院で処方してもらえる塗り薬よりは若干効能は落ちますが、「アラセナS」「アラセナSクリーム」「アクチビア軟膏」「ヘルペシアクリーム」「ヘルペエース」といった商品名でドラッグストアに並んでおり、再発対策や再発予防用として購入が可能です。

これらドラッグストアで買える市販の薬は「第一類医薬品」に分類されているため、薬剤師の説明を受けないと購入ができない医薬品です。したがって、購入時には症状について話を聞かれることがあります。デリケートな話はしづらいのですが、混雑する病院に行って処方箋をもらって購入する手間と比べてどちらがいいかは自分で判断するしかありません。

性器ヘルペスに有効なオススメの治療薬

ヘルペスの治療法

市販の軟膏は抗ウイルス成分であるアシクロビルが配合されています。購入がしやすく安価な市販薬は便利ですが、実は性器ヘルペスや帯状疱疹の治療や再発防止には利用することができません。性器ヘルペスや帯状疱疹の治療、および予防には内服薬が有効とされています。

現時点では、先に説明したバルトレックスとゾビラックスが用いられています。これらは商品名であり、それぞれにバラシクロビル、アシクロビルという有効成分名で説明される場合がありますが、基本的は同一のものと考えられます。

ジェネリック薬なら安い!

これらの医薬品は数年前に特許が切れているため、現在は世界各国の製薬メーカーからジェネリック作品の製造販売が行われています。バルトレックスはゾビラックスに比べて一日あたりの服用量が少ない上に効果が高いということで注目されている薬です。しかしその反面、一錠あたりの単価が高くなっているという問題があります。

ただし先の述べたようにジェネリック薬品も普及してきたので、そちらでも気にならなければ購入して服用すれば良いでしょう。バルトレックスのジェネリック薬には、セントレックスという商品名のお薬があります。

セントレックス500mg ヘルペスのジェネリックなら
セントレックスがオススメ♪
バルトレックと同じ効果で安価なタイプと言えば、このセントレックス。
バルトレックスのジェネリック薬で、ヘルペスに全般に効くお薬です。

口唇ヘルペスに有効なオススメの治療薬

日本国内で、帯状疱疹や口唇ヘルペスで診察を受けると処方してもらえる薬の1つに、『ファムビル』があります。

こちらはヘルペス治療薬として、万能の働きをしてくれる非常に優れた薬です。厚生労働省の認可も降りていて、国内でも製造&販売されていて、安心して服用できる薬で、ヘルペス治療を行ったことの有る方なら、服用したことがあるのではないでしょうか?

しかし、優れた薬ゆえにお値段も非常に高価なヘルペス治療薬となっています。ヘルペスは再発の可能性が非常に高い病気ですので、日頃からお悩みの方ならご自宅に常備薬としてストックしておきたいところです。

オススメの治療薬ビロビル

口唇ヘルペスにはビロビルがオススメ

ヘルペス治療におすすめのファムビルですが、処方箋医薬品となります。これは、医師の診察を受けないと処方してもらえない薬となります。そこでオススメしたいのが、ファムビルのジェネリック薬として、全世界で愛用されている新薬「ビロビル」です。

残念ながらビロビルは、現時点では厚生労働省から販売の認可がおりていないヘルペスの薬です。しかし世界では、非常に安価に購入できることと、ヘルペスの活性化を抑制させる効果があるため、口唇ヘルペスだけでなく、性器ヘルペスの治療薬としても愛用されている薬なんです。

新薬ビロビルについて

口唇ヘルペスにはビロビルがオススメ

ビロビルの元となっているファムビルも、同じヘルペス治療薬のバルトレックスと同様に処方箋医薬品です。そのため、普段から忙しい毎日を過ごす方なら、診察で時間を取られるのを嫌う方も多いと思います。

しかしビロビルは、個人で輸入するか、通販サイトなどでも幅広く取り扱われている人気のヘルペス治療薬です。海外からの輸入となるため、購入してから到着するまで日数がかかってしまいますが、病院に行って混んでいる中、待たされて貴重な時間を浪費させられる煩わしさからから開放され、スマホでも気軽に購入できる手軽さが一番のメリットではないでしょうか?。

値段がかなり安く購入でき、ファムビルと同等の効果が期待できますので、常日頃からヘルペスでお悩みの方にはもってこいの薬と言えます。

ヘルペスのオススメの薬を徹底比較!

通販サイトで買えるヘルペス治療にオススメの薬を徹底比較します

バルトレックス500mg

バルトレックス500mg

バルトレックスは、性器ヘルペスを始め、単純ヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹の治療に効果のあるお薬です。

1箱10錠:3,980円

病院では1回の処方に制限がありますが、通販なら希望する分量を購入できます。常備薬としてまとめ買いすれば更にお得に購入できます。

製造元:グラクソ・スミスクライン社
主成分:バラシクロビル
1箱10錠入 1錠あたり:398円

評価:4.2

ビロビル(ファムビル)

ビロビル

ヘルペス治療にはビロビルがオススメです。海外ではポピュラーなヘルペス治療薬として愛用されているヘルペス全般に効く万能薬です。

1シート6錠:2,780円

再発し易いヘルペスに備えて、まとめ買いしておくとお得です!!

製造元:FDC
主成分:ファムシクロビル
1シート6錠入 1錠あたり:463円

評価:3.3

ゾビラックス200mg

ゾビラックス200mg

口唇ヘルペスにはゾビラックスがオススメです。単純ヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹の治療に用いられる錠剤です。

ゾビラックス200mg:3,480円

再発し易いヘルペスに備えて、
自宅用の常備薬としてストックしておくと安心です。

製造元:グラクソ・スミスクライン社
主成分:アシクロビル

評価:3.6

セントレックス500mg

セントレックス500mg

セントレックスは性器ヘルペスや単純ヘルペス、帯状疱疹に効果的なお薬です。
ヘルペス治療薬として有名なバルトレックスのジェネリック薬ですので、安価で購入できます。

1箱10錠:2,980円

ジェネリック薬なので安価で購入できます。常備薬としてまとめ買いすれば更にお得に購入できます。

製造元:センチュリオンラボラトリーズ社
主成分:バラシクロビル
1箱10錠入 1錠あたり:298円

評価:4.1

再発するヘルペスを予防する薬

ヘルペスは再発を繰り返す恐ろしい病気です。性器ヘルペスのウイルスキャリアであれば安心してパートナーとの性生活が楽しめなくなりますので、普段からバルトレックスを服用しながら予防しておきたいもの。

性器ヘルペスに限っては、予防目的としてバルトレックスを無制限で購入することができますが、年6回以上の再発を繰り返す場合に限るという付帯条件が定められています。

それ以上の量が必要となる場合は、保険適用外となるため、大変高価な買い物になってしまいます。
しかもこのバルトレックスもゾビラックスも、街中のドラッグストアでは販売されていません。予防用として一定量のバルトレックスの購入が必要となった場合は、一般的にネット通販を活用して入手します。

安価に購入したいのであらば、個人輸入のサイトを活用するか、あるいはジェネリック薬品の購入を検討すると良いでしょう。オススメのジェネリック薬は、セントレックスです。バルトレックスのジェネリック薬なので効果も非常に高く、バルトレックスよりも安く購入できます。