ヘルペスを早く治す!バルトレックスの正しい飲み方と投与期間を徹底解説

バルトレックス500mg

バルトレックス500mg

性器ヘルペスにはバルトレックスがオススメです。
単純ヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹の治療に用いられるお薬です。

3箱セット:11,940円9,015円

処方箋では出してもらえない多めの分量も、通販なら好きなだけ買えます。
常備薬として多めに購入すれば更に安くなってお得に購入できます。

ヘルペス治療に効果の高い薬

性器ヘルペスにはバルトレックスがオススメ

バルトレックスは、現時点においてもっともヘルペス治療に効果があるといわれている抗ウイルス薬です。錠剤のタイプと顆粒(かりゅう)状のタイプがありますが、一般的には錠剤が成人向けとして、顆粒が子供向けに用意されており、どちらも服用がしやすいという点が最大の特徴になっています。

とても飲みやすくて効果の高いバルトレックスですが、当然、飲み方を誤ってしまうと、その効果を実感できません。正しい飲み方をしっかり理解しておくべきでしょう。

ヘルペスの種類で変わる服用法

バルトレックスは感染しているヘルペスの種類や求める目的によって飲み方や服用方法が変わってくる薬です。まずは事前に自身がどのようなタイプのヘルペスに感染しているのかを把握しておく必要があります。

ヘルペスには、ある一定の場所に症状が現れる「単純ヘルペス」と、少し面積が大きく、帯状に広がっている「帯状疱疹」とに大別されます。どちらもヘルペスウイルスへの感染が原因となっており、そのウイルスの活動を抑える役割を持っているのがこのバルトレックスなのです。

自身がどのタイプのヘルペスなのかがわからない場合は、まずはヘルペスの症状から、自分に出ている症状を確認をしてみましょう。

単純ヘルペスと帯状疱疹、性器ヘルペスの場合

単純ヘルペスによって生じる疱疹を抑えるためには、バルトレックス500mgを一日に2回服用します。

帯状疱疹の場合、1回につき1000mgのバルトレックスを1日3回服用します。

服用するタイミングは一日2回の場合は朝晩、一日3回の場合は朝昼晩がよいでしょう。間隔は4~6時間は開けて飲むようにして下さい。食前・食後の服用どちらも薬の効果には影響はありませんが「食後」をオススメしています。胃の中に食べ物が多くある状態で薬を服用した場合は胃荒れの防止にもなります。

飲み忘れを防ぐためにもバルトレックスを服用するタイミングは「食後」と決めておくとよいでしょう。

症状 1回の分量 飲む回数
単純ヘルペス 500mg 1日2回
性器ヘルペス 500mg 1日2回
帯状疱疹/水痘 1000mg 1日3回
性器ヘルペスの再発予防 500mg 1日1回

バルトレックスの服用時の注意事項

服用時の注意事項

バルトレックスはヘルペス治療薬として非常に高い効果を発揮してくれますが、服用に辺り注意すべきことがあります。

【腎障害のある方】
精神的神経症などが現れやすい
【高齢者の方】
精神神経症状等があらわれやすい

腎臓から成分が排出されるため、腎機能が低下もしくは障害が有る方の場合、健常の方と比べて体内で有効成分が長時間残ってしまうため、弊害として副作用が起きやすくなってしまいます。回避するために、服用間隔を長めにとったり、1回の用量を少なくするなど、医師または薬剤師の方と相談しましょう。

下記の薬との併用には注意が必要です

プロベネシド
バルトレックスの活性成分アシクロビルの排泄が抑制されてしまうというデータがある
シメチジン
バルトレックスの活性成分アシクロビルの排泄が抑制されてしまうというデータがある
ミコフェノール酸モフェチル
バルトレックスの活性成分アシクロビルとの併用により、アシクロビルとミコフェノール酸モフェチル排泄が抑制されてしまうというデータがある
テオフィリン
バルトレックスの活性成分アシクロビルとの併用により、テオフィリンの中毒症状があらわれることがある

※参照資料 ニプロ株式会社 パラシクロビル錠500mg

バルトレックスの投与期間

バルトレックスの投与期間の目安

単純疱疹・・・5日間

帯状疱疹・・・7日間

投与期間はそれぞれの症状の重さによっても変わってきますが、一般的には単純疱疹の場合に5日間、帯状疱疹の場合には7日間の服用が目安となります。服用のスタートについては、単純ヘルペスの場合であっても、帯状疱疹であっても、疱疹が現れてから5日以内に飲むことが推奨されています。

特に発症から服用までの期間が短ければ短いほど、薬効が高いとされています。

予防薬としても活用できるバルトレックス

性器ヘルペス予防にもバルトレックスがオススメ

ヘルペスウイルスは、完全に体内から除去することが難しく、一度キャリアになったら再発の恐れが高いといわれている、非常にやっかいな病原体です。そのため、バルトレックスは治療だけではなく、再発防止の“予防薬”としても活用されます。
特に再発しやすいといわれている性器ヘルペスの予防薬としては一般的です。

ヘルペスは感染しやすい病気であるため、性交渉を通じて大切なパートナーに感染させてしまう可能性があるからです。性器ヘルペスを予防するためには、1年間に渡って500mgを一日に一回服用することで効果が表れます。

小児や妊婦の服用法

バルトレックスは小児も服用が可能ですが、飲ませ方には注意が必要です。体重が40kg未満の場合、「バルトレックス顆粒50%」を服用すると良いでしょう。40kg以上であれば、成人の大人と同じ量を服用しても大丈夫です。

妊娠中の妊婦や、授乳期にある女性の場合は、基本的には胎児への影響は少ないとされていますが、主治医への相談は必須です。症例として、妊婦への投与で胎児への安全性が明確に確立されていないからです。

ちなみにバルトレックスは痛風の薬や胃薬、ぜんそく薬との飲み合わせが悪いといわれています。もちろん、アルコールとの併用も好ましくはありません。どのみち、服用には細心の注意を払い、少しでも違和感を覚えたならば即刻、医師に相談にいくべきでしょう。

こちらで紹介するサイトは管理人も定期的に購入している安心して買える通販サイトです。

バルトレックス
評価:4.2
内容量…1箱10錠
バルトレックス500mgは、性器のヘルペス・エイズ・水痘などの治療のために処方される薬剤です。
他にも帯状疱疹や単純疱疹の治療にも用いられており、成分となっているバラシクロビルは、現在でも医学の現場で用いられています。
主に、これらのウイルスの増殖を抑え、殺菌することを目的として使用されることが一般的です。

ボタンをタップすると、あんしん通販薬局に移動します。

バルトレックス500mg まとめ買いがお得です!
1錠あたり 販売価格
バルトレックス500mg
3箱セット
@300円 9,015円
バルトレックス500mg
2箱セット
@328円 6,567円
バルトレックス500mg
1箱
@398円 3,980円
バルトレックス1000mg まとめ買いがとってもお得です!
1錠あたり 販売価格
バルトレックス1000mg
3箱セット
@394円 24,870円
バルトレックス1000mg
2箱セット
@431円 18,117円
バルトレックス1000mg
1箱
@522円 10,980円