バルトレックスの効果【短期間で改善】吸収力が高くヘルペスを早く治す

バルトレックス500mg

バルトレックス500mg

バルトレックスは、性器ヘルペスを始め、単純ヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹の治療に効果のあるお薬です。

1箱10錠:3,980円

病院では1回の処方に制限がありますが、通販なら希望する分量を購入できます。常備薬としてまとめ買いすれば更にお得に購入できます。

製造元:グラクソ・スミスクライン社
主成分:バラシクロビル
1箱10錠入 1錠あたり:398円

評価:4.2

バルトレックスの効果が高い理由

バルトレックスは効果が高い

このバルトレックスの効果が高い理由は、先発医薬品のゾビラックスと比べて吸収力が改善された点があげられます。素早く吸収されて、神経系のどこかに潜んでいるヘルペスウイルスを見つけ出し、すばやくその活動を抑え込むため、服用後、早い段階で効果を実感する人が多いようです。

一般的には、ヘルペスは放置していると1~2週間で症状が改善されますが、上記のように体内のどこかにウイルスが潜んでいるため、いつ再発してもおかしくない状態にあるということです。

ところが早い段階でバルトレックスを服用すれば、早い人で翌日、遅くとも3日後には症状が改善してくれます。さらに継続して服用することで、再発も抑え込む発症抑制効果もあるため、放置などせずにヘルペスが発症した段階から、服用を開始するべきです。

バルトレックスの具体的な作用について

ヘルペス治療薬バルトレックス

ヘルペス治療薬のバルトレックスを服用すると、主成分のバラシクロビル塩酸塩が体内で活性代謝物であるアシクロビルに変わります(バルトレックスの主成分バラシクロビルは、アシクロビルのプロドラッグ)。体内で変換されたアシクロビルは、ヘルペスウイルスが持つ成分によってリン酸化され、これがヘルペスウイルスを増殖(ヘルペスウイルスのDNAを複製)させる元を阻害させます。

また、ヘルペスウイルスのDNAに取り込まれ増殖自体を阻害することで、ヘルペスが活性化できなくなり症状が改善していきます。このアシクロビルは、正常な細胞ではリン酸化されないため、ヘルペス治療薬として効果があると考えられています。

バルトレックスの性器ヘルペス再発リスクの抑制効果

非常に再発しやすい病気のヘルペスですが、バルトレックス500mgを1日1錠ずつ継続して服用することで、ヘルペスの再発を抑制させる効果があることが、海外の臨床試験データで判明しています。

特に年に複数回再発する人の方が、抑制効果が高いデータとなっています。特にHIV感染症の患者の場合、服用量は1日2錠となりますが、性器ヘルペスの再発抑制に約80%という非常に高い効果を得ています。

パートナーへの性器ヘルペスの感染リスクの抑制効果

こちらも海外の臨床試験データですが、性器ヘルペスキャリアがバルトレックスを1日回1錠ずつ服用しつづけた場合、セックスパートナーへの感染確率が0.5%になったという結果があります。例えヘルペスキャリアであっても、バルトレックスを服用し続けることで、他人にうつしてしまうリスクも抑えることができると言えます。

もしご自身がキャリアだと認識しているのでしたら、安全のためにコンドームを使用して性行為をする方が更にリスクは軽減されます。性器ヘルペスの場合、コンドームだけでは完全に予防できないため、パートナーのためにもバルトレックスの服用をオススメします。

参照資料:グラクソ・スミスクライン株式会社 バルトレックス錠500mg

服用の翌日から効果を実感できる

ヘルペスの治療薬として、その効果の高さが認知されているバルトレックス。今までヘルペス治療で主流となっていたソビラックスに変わり、今ではもっとも効果が期待されている抗ヘルペスウイルス薬として知られるようになりました。

バルトレックスはゾビラックスに比べて1日に服用する量が少ないにもかからわらず、ゾビラックスと同様、あるいはそれ以上の効果を体感する患者が多くなっています。人によっては、服用をはじめた翌日から効果を実感する人もいるほどです。

もちろん、同じヘルペス感染者でも、初期段階にあればあるほど治癒率は高くなりますので、水膨れなど一般的なヘルペスの症状が現れたらすぐに飲み始めれば、効果が現れるのが早くなります。

ヘルペスは厄介な病気

ヘルペスは一度感染すると、そのウイルスが神経のどこかに潜んでいて、風邪をひいてしまったり、ストレスを抱えて免疫力や提供力が落ちているときに活性化して再発を引き起こす、やっかいな感染症です。

バルトレックスの有効成分であるバラシクロビルは体内でアシクロビルという成分に変わりウイルスの増殖を抑制します。一般的には服用を開始した3日目からウイルスの増殖を高確率で抑えるといわれています。

50代で発症する帯状疱疹

ヘルペスにはいくつかの種類があります。口唇ヘルペスや性器ヘルペスのように、ある特定の身体部位にだけ症状が現れるものを単純ヘルペス、複数の発疹が集まってやがて帯状に広がっていくものを帯状疱疹と呼びます。

この帯状疱疹は近年、50代以降の女性の増えている病気として認識されています。恐らく、若いうちに一度ヘルペスに感染するか、あるいは水疱瘡に罹ったときに、そのウイルスがずっとどこかに潜んでいて、50代になって体力が落ちた段階で急激に暴れだすのが原因とされています。

ヘルペスが重症化する場合も

最初は虫刺されの様な症状と勘違いをしていて、やがてそれがどんどん広がり、ものすごい痛みを伴うようになります。顔面に発症するケースもあり、そうなると外出したり、人と会ったりするのが億劫になり、うつ病を引き起こす場合のあるといいますから、早めに対処する必要があります。

バルトレックスは帯状疱疹の治療にも効果を発揮する薬です。最初の発疹が出てから3日以内に服用を開始すれば、1週間から10日間で発疹が消えます。服用する量を調整して少量を予防薬として服用するようになれば、帯状疱疹の原因となるウイルスを抑え込むことができ、なおかつ帯状疱疹後に襲われる神経痛の予防にもつながります。

早期に服用を開始すべき

単純ヘルペスであっても帯状疱疹であっても、共通して言えるのは、とにかく早い段階でバルトレックスの服用を開始することです。一日でも早く効果を実感したいのであれば、ヘルペスの症状が出始めの時点にでも早くバルトレックスを飲む。そのためには何度か再発しているキャリアであれば、バルトレックスを自宅に常備しておくと万が一の時でも安心できます。

ヘルペスが再発する恐れがあったら治療薬の服用を開始するか、予防薬としてバルトレックス500mgを1日1錠ずつの少量を服用し続けるのが望ましいでしょう。

バルトレックス500mg

バルトレックス500mg
バルトレックス500mgは、性器のヘルペス・エイズ・水痘などの治療のために処方される薬剤です。他にも帯状疱疹や単純疱疹の治療にも用いられており、主成分のバラシクロビルは、現在でも医学の現場で用いられています。主に、これらのウイルスの増殖を抑え、殺菌することを目的として使用されることが一般的です。

評価:4.2

内容量:1箱10錠
販売価格:3,980円
製造元:グラクソ・スミスクライン社
主成分:バラシクロビル
決済方法:カード 銀行振込
配送方法:自宅配送・郵便局留め可能
在庫:あり
本日注文すると最短で12月25日(月)に届きます。

ボタンをタップすると、あんしん通販薬局に移動します。

口コミ

病院に行かなくて済む ★★★★★
いつも仕事が忙しく口唇ヘルペスが再発しても、中々病院に行けず悩んでいました。サイトを見つけて、半信半疑で購入したら病院で処方してもらえるのと同じ薬でした。使ってみても違和感なく治ります。これでわざわざ半休取らずに済むので本当に助かります。届いた箱もHPで紹介してある通り小さなダンボールに薬が入っているだけで、外からの見た目は、普通の小包という感じです。次回はまとめ買いします。

30代 男性

初めての輸入薬品 ★★★
海外製の薬を買うのが初めてだったので、飲み慣れたバルトレックスを購入。日本のと同じでした。単品買いなら送料が700円かかり、通販なので保険が適用されないので少し割高。でも郵便局留めができるのは便利。

40代 男性

性器ヘルペス対策 ★★★★★
性器ヘルペスになってしまい、婦人科に行くのも恥ずかしいし、時間がかかるので、こちらで薬を買って予防してます。箱も全て英語表記ですが、特に問題はありません。まとめ買いはお得です。

20代 女性