バルトレックス(Valtrex)500mg/1000mgの通販

ヘルペスに効く薬なら
バルトレックスがオススメ♪
バルトレックスの通販
「性器ヘルペス」にはバルトレックスがオススメです。
単純ヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹の治療に用いられる錠剤です。

厄介なヘルペスにはどう対処する?

日本人の約70%が感染しているともいわれているヘルペス。感染力の強いウィルス性疾患であり、一度キャリアになると、神経の奥深くに潜んでいて、体調を崩したり免疫力が低下しているときに再発するという、大変厄介な病気です。
一般的には口唇ヘルペスなど、一か所に症状が現れるものを単純ヘルペスと呼ぶのに対して、帯状に水膨れのようなものが広がっているのを帯状疱疹と呼びます。中でも性器に発症する性器ヘルペスは、大切なパートナーとの性交渉で感染する性病の一種として大変恐れられている病気です。

ヘルペス予防に有効なバルトレックス

一度感染すると再発の恐れがあるため、継続機的な予防が必要となります。この厄介なヘルペスの治療と予防に有効な抗ウィルス薬として期待されているのがバルトレックスです。バルトレックスは、その有効成分であるバラシクロビルは体内でアシクロビルという物質に変化してウィルスに取り込まれることでDNA合成を崩壊させ抗ウィルス剤です。ウィルスの活動が抑制されるため、治療用としてだけでなく再発防止目的でも服用されます。最初の発疹が出てから3日以内に服用を開始すれば服用をはじめた翌日から効果を実感する人が数多くいます。
ヘルペスに感染していても、初期段階にあればあるほどバルトレックスによる治癒率は高くなります。水膨れなど一般的なヘルペスの症状が現れたらすぐに飲み始めるのが重要。効果が現れ、水膨れが引くのが早まっていきます。

常備することで安心なバルトレックス

そのため、一度、ヘルペスにかかった経験があるキャリアの方であれば、まとまった数量のバルトレックスを購入して、冷暗所にストックしておくことをお勧めしますが、病院では必要量のみ処方されるので、別途ストック用に購入するのが難しい薬です。性器ヘルペスに限っては、予防目的としてバルトレックスを無制限で購入することができますが、年6回以上の再発を繰り返す場合に限るという付帯条件が定められています。それ以上に必要となる場合は、保険適用外となるため、高価な買い物になってしまいます。また、このバルトレックスはドラッグストアで市販されておらず、処方箋を元に調剤される、いわゆる病院の門前薬局で扱われています。

バルトレックスを入手するには?

したがって、どうしても予防用として、一定量のバルトレックスの購入が必要となった場合には一般的に、ネット通販を活用して入手します。安価に購入したいのであらば、個人輸入のサイトを活用するか、あるいはジェネリック薬品の購入を検討したほうがよさそうです。こちらのバルトレックスは2013年に特許が切れているため、各メーカーからジェネリック薬品が発売されています。特にインドの製薬会社が販売を行っているジェネリックは、ネット上でも正規品の1/3の値段で販売されています。
性病の一種である性器ヘルペスが再発した場合、性病専門のクリニックや総合病院に通院するのも抵抗を感じる人もいるかと思います。通販で入手が可能で、しかも安価なバルトレックのジェネリック薬を入手して、誰にも知られないようにこっそり治療に当たりたいという患者も多いかと思います。

通販サイト使用上の注意

現在は、多くのサイトで海外製のジェネリック薬品や正規のバルトレックスの販売も行われています。再発を防ぐためにはぜひとも常備しておきたい薬と言えます。くれぐれも注意が必要なのが用法を守ることです。このバルトレックスは症状や目的によって用法が変わる薬です。同じヘルペスであっても、治療時に飲む分量と、予防のために服用する量は違います。
しっかり説明書を読む必要がありますが、個人輸入のサイトの場合には、当然、英語の説明書が添付されています。英文が読める人なら良いですが、そうでない場合には、バルトレックスの説明書の日本語版をネット上で確認することができるので、そちらを一読しておいた方が良いでしょう。

ヘルペスに効く薬なら
バルトレックスがオススメ♪
バルトレックスの通販
「性器ヘルペス」にはバルトレックスがオススメです。
単純ヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹の治療に用いられる錠剤です。