正しく理解して安心 バルトレックスの副作用を徹底解説

ヘルペス予防にも活用できるバルトレックス

ヘルペスの治療や予防薬として、その効果の高さに期待が集まるバルトレックス。口唇ヘルペスや性器ヘルペスなど、性行為によって接触しやすい箇所に発症し、感染していく恐れのある病気であるため、大切なパートナーを守るためにも早めに治癒したいと考える人も多いかと思います。
バルトレックスは吸収力が高い薬であるため、初期段階で服用を開始すれば、すぐに症状が引きはじめ、治癒に向かいます。ただし、体内から完全にウィルスが除去されるのは難しく、一度感染してウィルスのキャリアになると、たとえば免疫力が落ちているときなどに、神経のどこかに潜んでいたヘルペスウィルスが突然活性化して、再び発症する恐れもあります。再発防止のためには、予防薬としてバルトレックスを服用し続けるといったケースもあります。

安全性の高いバルトレックス

非常に効果の高いバルトレックスですが、どのような薬であっても、副作用を引き起こす恐れはあります。バルトレックスは比較的、副作用が少ない、安全性の高い薬と認識されています。バルトレックスは症状や目的に合わせて服用方法や分量が変わってくる薬なので、まずは自分のヘルペスのタイプを知ることが重要です。さらに治癒なのか予防なのかといった目的を明確にする必要があります。
このバルトレックスは、はじめてヘルペスを発症したときに病院で処方されるのが一般的です。リピーターであれば個人で購入することも可能なので、最初に病院で診断してもらった内容を参考にするといいでしょう。主に口唇ヘルペスや性器ヘルペスなど、特定の部位に症状が現れるものを単純ヘルペス、帯状に広がっているモノを帯状疱疹、あとは水疱瘡の治療にもバルトレックスは活用されます。再発防止のために服用するケースとして多いのが、性器ヘルペスに感染したキャリアです。服用量を間違えることで、副作用も重篤なものになる可能性があります。説明書をよく読んでしっかり服用量を遵守する必要があります。

バルトレックスの副作用

報告されている副作用も、症状と目的によって変わってきます。例えば、成人の単純ヘルペス、中でも性器ヘルペスの治療のために服用をしている患者の多くが、頭痛や吐き気、下痢などを副作用を実感しています。帯状疱疹の患者がバルトレックスを服用する場合には、稀ではありますが肝臓や腎臓に影響を及ぼす可能性があるとの報告があります。例えばバルトレックスの服用を続けているときに、強い倦怠感や尿が茶色になるなどの症状があらわれて時には肝臓への負担が生じていることが考えられます。また食欲不振やむくみ、血尿や尿の濁り、頻尿などの自覚症状が現れたときには腎不全を引き起こす可能性があります。このような症状がみられた時には即時服用を中止して、すぐに病院に行って医師に相談するのが良いでしょう。

小児が服用する際の注意

バルトレックスは小児も服用できる薬です。水疱瘡に罹った場合はもちろん、母親が口唇ヘルぺスを発症している場合に、直接触れることで感染してしまいます。小児には顆粒状のバルトレックスが最適ですが、時には肝機能に影響を与えたり便秘を引き起こすなどの副作用を引き起こす可能せいがあります。小児であるかどうかの判断基準は年齢でなく、体重にあります。一般的には40kg未満を小児とし、それ以上は成人と同様の服用量となっています。まずは用法を間違えないように与えることです。
バルトレックスは安全な薬の一種であることは間違いありませんが、やはり用法を間違えればアナフェラキーショックや急性腎不全、精神神経症など重篤な副作用を引き起こす可能性もあります。説明書を良く読んで正しい用法を理解することが、副作用予防につながっていくのは間違いのないことです。