ビロビルはファムビルのジェネリック薬 ヘルペス治療の万能薬

ビロビル(ファムビル)

ビロビル

ヘルペス治療にはビロビルがオススメです。海外ではポピュラーなヘルペス治療薬として愛用されているヘルペス全般に効く万能薬です。

1シート6錠:2,780円

再発し易いヘルペスに備えて、まとめ買いしておくとお得です!!

製造元:FDC
主成分:ファムシクロビル
1シート6錠入 1錠あたり:463円

評価:3.3

ビロビル(ファムビル)について

口唇ヘルペスにはビロビルがオススメ

ビロビルとは、ファムシクロビルを主成分とした経口タイプの抗ヘルペスウイルス薬です。

スイスのノバルティスファーマAG社が世界約70カ国で販売している抗ヘルペスウイルス剤の「ファムビル」が既に有名ですが、特許が切れたことでインドの製薬会社FDCが開発したジェネリック薬品がビロビルとなります。

ヘルペス治療の薬として全世界で浸透しているファムビルは、日本で2008年に認可されて以降、主に帯状疱疹や単純疱疹の治療で処方されています。
細菌感染症の抗生物質が効かないウイルスの特性に対して、ビロビルの主成分であるファムシクロビルはウイルスの細胞に直接的に働くため、ウイルスの増殖を抑える効果があります。

その為、ヘルペスウイルスが引き起こす口唇ヘルペスや性器ヘルペスを治療するための処方箋として、服用されています。

ヘルペス治療薬のビロビル

ビロビルは、日本で処方されているファムビルと同じファムシクロビルを主成分としていますので、安価で購入できるジェネリック薬品なのもあり、世界中でヘルペス治療薬として愛用されています。また、体内に潜んでいるヘルペスウイルスの活動自体を押さえ込むので、ヘルペスの再発を防ぐ予防薬としても使用されています。

ヘルペス治療薬のバルトレックス

同じヘルペス治療薬としてバルトレックスがあります。ビロビルと同様にヘルペスウイルスの細胞に直接的に働き、活性化を押さえ込み、ヘルペスウイルスの増殖をさせなくさせる効果はほぼ一緒なのですが、主成分が異なるため、様々な事情によりバルトレックスが飲めない方にはビロビルをオススメ致します。

吸収力が高いビロビル(ファムビル)

ビロビルは吸収力が高い

ビロビルは、同じ抗ヘルペスウイルス薬であるペンシクロビルを改良してつくられた経口薬ファムビルのジェネリック薬です。ファムビル自体がプロドラッグとして、ペンシクロビルの課題であった、体内での吸収性の向上と、薬効を向上させた薬であり、1回の服用量が減ったことで吸収性が向上し、1日の服用回数も減ったことで、より長時間効果が出るようになりました。

そんなファムビルと同成分で作られ、同じ効果が期待できるのがビロビルです。特許切れのため開発費用をかけずに製薬できるため、既存の薬より安く価購入できます。

現時点では、ヘルペスの治療薬としてビロビルの使用は日本では認可がおりていないため、購入することができませんが、海外では70カ国で抗ヘルペスウイルス薬として販売されており、ファムビル250mgと同じで、ビロビル250mgとして1シート6錠タイプが一般的です。

ビロビル(ファムビル)の服用方法

ヘルペスの治療薬であるビロビルの服用は食後を問わず行う事ができます。サイトによっては、食後に飲む事をオススメする内容も見かけますが、臨床試験結果によると、食後食前での結果の違いはほぼなく、特に問題視することもないというデータがあるため、お好きなタイミングで飲んで下さい。

だだしビロビルを服用するときは、必ず起きてから就寝するまでの時間を3等分したペースで服用して下さい。短い間隔で連続してビロビルを服用すると、少ないながらも副作用の症例出ているため、注意が必要となります。

症状別の服用期間

服用期間は単純疱疹で原則5日間、帯状疱疹7日間が原則とされています。ヘルペスの症状によって服用量が異なる為、注意が必要です。
※帯状疱疹の方がヘルペスの症状が強くあらわれますので、その分服用量も多くなります。

ビロビルの海外での使用例として、ヘルペスの予防薬としても使われています。ヘルペス予防としては、1日1回1錠を飲んでいる方が多いようです。

ビロビル服用時の注意事項

また、ビロビルの服用時には注意すべき事がいくつかあります。ビロビルは腎臓から体外に排出されるため、腎臓の機能が弱っている高齢の方や、機能障害を患っている方は、特に注意が必要です。

腎臓機能の低下によって、薬の排出が遅れる事で、血中濃度が上昇することで、副作用を誘発してしまう可能性が高くなってしまいます。万が一、副作用かなという症状が現れ始めたら、無理をせずに服用の間隔を開けたり、医師と相談してください。

ビロビルがオススメの理由

ビロビルをオススメしたい最大の理由は、何と言っても値段が安いことです

料金比較 ビロビル ファムビル
1錠あたり 463円 562.9円

ビロビルはファムビルのジェネリック薬なので、1錠当たりの値段が圧倒的に安く購入できる点です。そもそも口唇ヘルペスの治療薬として処方されるファムビルですが、再発性が非常に高い病気でもあります。その為、普段からヘルペスにお悩みの方なら予防するために毎日服用している方もいます。

そうなると、病院で診察を受けてからでないと処方できないファムビルを使い続けると、診療費と時間と処方箋代と決してばかにできないコストがかってしまいます。

通販サイトなら最大半額で手に入る

ビロビルを通販で買えば最大半額に
現時点でビロビルは日本国内での認可がおりていない薬ですので、通販や個人輸入でしか入手できません。しかし、気軽に買える通販でしたら、診察の時間も気にせず入手できます。しかも、薬効もファムビルと同じなので、長く使い続けることを前提に考えるのでしたら、通販サイトでまとめ買いすることが、一番お得と言えます。

7シートセットを購入すれば、1錠あたり310円となり、ファムビルの半額に近い値段で購入することができるからです。

ビロビルの入手方法

日本で一般的に抗ヘルペスウイルス薬として処方されるファムビルですが、そのジェネリック薬品であるビロビル。こちらは日本では処方もおろか、認可されていない新しい薬ですので、現時点では日本国内では入手できません。

購入するには個人の力で外国語力を活かして、税関や様々な面倒な部分をクリアして輸入するか、個人輸入代行業者から購入するかになります。

現在は、多くのサイトで海外製のジェネリック薬品やビロビルの販売も行われていますが、当然のことながら、添付されている説明書の文章が英語となっており、解読することが困難です。

ビロビルを服用する際には使用上の注意を確認する必要があるため、説明書には必ず目を通しましょう。そんなときに活用できるのが、WEB上に用意されている日本語版の説明書です。正規品の説明書もWEB上で確認ができるため、一度しっかり目を通すか、プリントアウトして保管しておくと良いでしょう。

個人で購入した場合でも、服用時に何かあったらすぐに服用を中止して、医師に相談をして指導を受けた方が良いです。特に副作用については個人差があるため、少しでも違和感を覚えたら、即刻相談にいくべきでしょう。

ビロビル

ビロビル
ビロビルは、ヘルペス治療に効果的な薬「ファムビル」のジェネリック薬です。海外では広く愛用されていて、ヘルペス全般の治療に効果を発揮します。日本でも承認がおりている元々の薬であるファムビルは、主に単純疱疹や帯状疱疹の治療で処方される場合が多い薬です。薬価高いことがネックだったファムビルが、ジェネリック薬になったことで安価で購入できるようになりました。バルトレックスが合わない方には特にオススメの薬です。

評価:3.3

内容量:1シート6錠
販売価格:2,780円
製造元:FDC
主成分:ファムシクロビル
決済方法:カード 銀行振込
配送方法:自宅配送・郵便局留め可能
在庫:あり
本日注文すると最短で10月25日(水)に届きます。

ボタンをタップすると、あんしん通販薬局に移動します。

口コミ

ファムビルより安い ★★★
私の場合は、ヘルペスでかかりつけの皮膚科に行く、いつもファムビルを処方されていました。ジェネリック薬があるのをネットで知り、まとめ買いなら圧倒的に安いので、購入を決めました。診察料がかからない分、安くなります。薬代も安く、トータルで半額くらいになりました。

50代 男性

ヘルペスが治ります ★★★★
訳あって保険証を使えないので、薬だけでヘルペスを治せるのは非常にありがたいです。値段の安さで選びましたが、特に副作用もなく治りました。再発用にも余裕があるので、もしものときも安心できました。

20代 女性