ビロビル(ファムビル)の正しい飲み方について学ぶ

口唇ヘルペスに効く薬なら
ビロビル(ファムビル)がオススメ♪
ビロビルの通販
「口唇ヘルペス」にはビロビルがオススメです。
単純ヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹の治療に用いられる錠剤です。

ビロビル(ファムビル)の服用の仕方

  • 単純疱疹の場合:成人は1回1錠(主成分として250mg)を1日3回服用して下さい。
  • 帯状疱疹の場合:成人は1回2錠(主成分として500mg)を1日3回服用して下さい。

ビロビル(ファムビル)の服用は食後を問わず行う事ができます。
服用期間は単純疱疹で原則5日間、帯状疱疹7日間が原則とされています。
※帯状疱疹の方がヘルペスの症状が強くあらわれますので、その分服用量も多くなります。

ビロビル(ファムビル)を服用する際に、腎臓機能に障害がある場合は、服用間隔を開けて減量する必要がある場合もあります。もし飲み忘れた場合は、気づいた時点でできるだけ早く飲みましょう。もし、次に飲む時間が近い場合は、1回分を飛ばして次に飲む時間に1回分飲んで下さい。ビロビルを規定容量以上を一度に飲んでしまうと、副作用が起きることがありますので、絶対に1回で2回分を飲んではいけません。
万が一規定容量以上に多くのビロビルを飲んでしまった場合は、医師または薬剤師に早めに相談しましょう。

ビロビル(ファムビル)を服用しながら生活する上での注意点

ビロビルは親の薬でもあるファムビルと同じく、非常に安全性の高い薬です。ビロビルを服用するにあたり、用量・用法をきちんと守っていれば、副作用はほとんど起きません。しかし、発症する可能性がある副作用の中で、気を失ったりもうろう状態になる意識障害などが表れることが極稀にありますので、車の運転や高所での作業、危険を伴う機械の操作を行う場合には、万全を期すために注意してください。

ビロビル(ファムビル)の服用を避けるべき人について

ビロビルの成分は腎臓から体外に排出されるため、腎臓機能に障害がある方、腎機能が低下している高齢者は弊害が起きる可能性が高いため、ビロビルの服用量を少なくして経過を観察したり、間隔を開けて服用するか、ビロビル自体の服用を避けることをオススメします。また妊婦、産婦、授乳中の方と、小さいお子様もビロビルの臨床データが無いため、医師や薬剤師と相談した上でご使用を検討して下さい。

早期服用で早く回復!

再発が非常に多いのがヘルペスの特徴ですが、口唇ヘルペスも性器ヘルペスも同じく再発しやすい病気です。ヘルペスの症状でお悩みの方が多いのも事実です。一度ヘルペスに感染してしまうと、現代医療ではウィルスを根絶できません。免疫力の低下時に活発化してしまうヘルペスウィルスを抑え込む為に、ビロビルやバルトレックスといった薬で対処か、継続的に抗ヘルペスウィルス薬を服用し続けて抑える方法しかありません。もしヘルペスの症状でお悩みでしたら、ビロビルを多めに購入しておけば、再発する時は予兆がありますので、その時点でビロビルを服用しましょう。予兆段階でしたら、ヘルペスウィルスが活発化し増殖し始めの状態ですので、ウィルスの数はまだ少ない為、服用量は規定量でなく、1日1回1錠だけでも大丈夫です。早期段階でヘルペスウィルスの活動を抑え込めますので、重症化せずに済むのと、治癒も早くなります。その為、ヘルペスの症状が頻発するのでしたら、ご自宅用にビロビルを常備しておくと安心できます。

ビロビルはお得

ファムビルのジェネリック薬品であるビロビル。日本国内ですと単純ヘルペス治療ではファムビルが処方されますが、実は値段が高い薬となっています。ファムビルは1錠辺り562.9円で、帯状疱疹の治療の場合、1回2錠を1日3回服用しますので、合計3,377円も1日でかかっていまします。これを7日間飲み続けるとしたら、23,639円とかなり高額になります。保険適用で3割負担としても7,000円近くかかります。しかし、ビロビルでしたら1錠あたり463円と100円も安く購入できます。ジェネリック薬品ですので、開発コストがかかっていない分、値段も安くなるのがメリットといえます。また通販や個人輸入などで、まとめ買いをするなら更に安くなったりします。再発することが非常に多いヘルペスでお悩みの方でしたら、毎回病院で処方してもらう手間も時間も省けるので、通販でご自宅用の常備薬としてビロビルをまとめ購入する事をオススメします。

※参照資料 マルホ株式会社 ファムビル錠250mg

口唇ヘルペスに効く薬なら
ビロビル(ファムビル)がオススメ♪
ビロビルの通販
「口唇ヘルペス」にはビロビルがオススメです。
単純ヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹の治療に用いられる錠剤です。