ビロビル(ファムビル)の副作用を徹底解説 正しく理解して安心

口唇ヘルペスに効く薬なら
ビロビル(ファムビル)がオススメ♪
ビロビルの通販
「口唇ヘルペス」にはビロビルがオススメです。
単純ヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹の治療に用いられる錠剤です。

ビロビル(ファムビル)は副作用の少ない比較的安全な抗ヘルペスウィルス薬

ビロビルは日本の厚生労働省が認可を出しているファムビルのジェネリック薬品ですので、副作用は比較的少ない安全な薬です。しかし、注意事項や副作用の症例もありますので、万が一に備えて知識と予防策を身に着けて起きましょう。

ビロビル(ファムビル)の使用上の注意事項

腎臓に疾患や不安がある人は特に注意が必要です。腎臓に機能障害がある場合、ビロビルの効果で血中濃度が高くなる可能性があり、飲む感覚を通常よりも開けたり飲む量を少なくするなど注意が必要となります。そのため、腎臓機能が低下している高齢者の場合、腎臓で排出される成分がうまく機能しないと、ビロビルの成分を全身に運ぶ役割の血液の成分が多くなっていしまいます。その場合、通常量を服用していると、血液の中の成分が過剰になってしまい、副作用を引き起こす可能性が非常に高くなってしまいます。その為、摂取量を減らしたりなどが必要になります。

ビロビル(ファムビル)の副作用について

経口薬であるビロビルですが、同成分のファムビルでも日本の臨床試験結果でも僅かながら副作用の症例が起きています。

  • 頭痛
  • めまい
  • 眠気
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 倦怠感
  • 発熱

といった症状がまれに出ることがあります。どれも5%にも満たないごく僅かな確率となっています。

重大な副作用として下記のものがあります。
国内では起きてはいないですが、海外での症例報告として、精神神経症状による錯乱・幻覚・意識消失・痙攣・せん妄・脳症が現れたことがある模様です。現時点で日本国内においては未症例ですが、症例がある以上起こり得る副作用です。錯乱については、主に高齢者で現れた報告があるそうですので、腎臓機能に不安を抱える人は特に注意が必要です。また、皮膚障害と急性腎不全や、筋肉痛や脱力感などの例もあります。またアナフィラキシーショックが起きた症例もありました。
万が一上記に近い症状が現れた場合は、服用を中止し適切な処置が行うことが先決です。
また、念のためビロビルを服用した場合は、万が一の場合に備えて、車の運転や機械の操作、高所での作業などは控えた方がより安心できます。

他の薬との併用に注意

痛風や高尿酸血症の治療に用いられるプロベネシドを主成分とするベネシッドを服用している場合、注意が必要となります。薬の相互作用として排泄が抑制されてしまう可能性があるためです。もし何かしら服用している薬がある場合は、医師や薬剤師の方に相談してみましょう。

幼児・妊娠中の方は注意

現状低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していないようです。
また、妊娠中もしくは妊娠の疑いのある方、生まれたばかりの赤ちゃんに授乳中の方も注意が必要です。妊婦の場合は、病気の危険性よりも治療した方がいい場合に限り服用するのがオススメとのことです。こちらも安全性が未確認のため、服用は避けるのが第一と考えておきましょう。また授乳中の方ももどんな影響があるのか不明の為、使用しないでおきましょう。
もし使用する場合は、必ず事前に医師か薬剤師と相談してから使用しましょう。

※参照資料 マルホ株式会社 ファムビル錠250mg

口唇ヘルペスに効く薬なら
ビロビル(ファムビル)がオススメ♪
ビロビルの通販
「口唇ヘルペス」にはビロビルがオススメです。
単純ヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹の治療に用いられる錠剤です。