ゾビラックスはヘルペス治療の元祖 歴史に名を刻んだお薬です

ゾビラックス200mg

ゾビラックス200mg

口唇ヘルペスにはゾビラックスがオススメです。単純ヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹の治療に用いられる錠剤です。

ゾビラックス200mg:3,480円

再発し易いヘルペスに備えて、
自宅用の常備薬としてストックしておくと安心です。

評価:3.6

人類の対ウイルスの歴史を変えた世紀の大発明

ゾビラックスの主成分であるアシクロビルは、ヘルペスウイルスの治療薬として歴史に名を刻んだ偉大な薬です。今ではありふれていますが、昔はウイルスを治す薬というのが夢物語と思われていたそうです。

ウイルスに対して、当時の唯一の対抗策が、ワクチンしかありませんでした。ワクチンは、ウイルスに対する抗体を作り、人間の身体に免疫を獲得するもので、ウイルス自体を治療するものではありませんでした。抗ウイルス薬の研究過程において、ウイルスを殺す薬は度々発見されたものの、毒性が強く人体にも悪いと、決して安全とは呼べず、ウイルスのみに作用する薬は夢のまた夢でした。

しかし1974年に、人類がウイルスと戦ってきた歴史に、始めて反撃ののろしがあがります。

ヘルペスウイルスのみに作用し人体には安全という、長年数多くの研究者たちが夢にまで見た魔法の薬『アシクロビル』が発見されました。ヘルペスウイルスに対する安全な薬としてだけでなく、人類史上初の対ウイルス薬が誕生しました。

主な開発者であったアメリカの薬理学者ガートルード・エリオン女史は、功績が讃えられて1988年にノーベル生理学・医学賞を受賞しています。

歴史を変えたアシクロビルを主成分としたゾビラックス

ヘルペス治療薬ゾビラックス

ガートルード・エリオン女史は、バローズ・ウェルカム社(後のイギリスの製薬会社グラクソ・スミスクライン社)で勤務していて、同社からアシクロビルを主成分としたゾビラックスが販売され、日本においては、1988年10月から「ゾビラックス錠200」が販売されています。錠剤以外にも、『ゾビラックス顆粒40%』や『ゾビラックスクリーム5%』という薬も同社から販売されています。

どれもヘルペスウイルスに効果のある薬として、日本でも処方されヘルペス治療に貢献してきました。

ヘルペスの種類によって変わる用法

ヘルペスは症状がでる場所によって、口唇ヘルペスのように上半身に症状がでるものは「1型(HSV-1型ウイルス)」、下半身に症状が現れるものは「2型(HSV-2型ウイルス)」に分類されます。また、一か所に症状が現れるものを「単純ヘルペス」と呼ぶのに対して、帯状になっているモノを「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」と呼びます。水疱瘡(みずぼうそう)も、ヘルペスの一種とされております。

ゾビラックスは単純ヘルペス及び帯状疱疹の治療全般において、高いは効果を発揮します。

単純ヘルペスと帯状疱疹での目安

もちろん、症状の重さによっても服用量は違ってくるので、厳密にいえば医師の判断が必要です。目安として、単純ヘルペスの場合はゾビラックス200を1回1錠の200mg分を1日に5回、帯状疱疹の場合はゾビラックス200なら1回4錠の800mg分を1日に5回服用します。

ゾビラックスを改良して作られた後発の同じヘルペス治療薬として日本でも主流のバルトレックスと比べても服用量や回数が多くなっています。

ゾビラックスの服用方法

服用期間は単純ヘルペスか帯状疱疹かで服用期間が異なります。

単純ヘルペスの場合は5日間が基本です。

帯状疱疹の場合は7日間を基本として服用しましょう。

万が一上記の期間を服用しても改善の兆しが見られない場合や、悪化するようでしたら、他の治療方法に切り替える必要がありますので、速やかに医師に相談しましょう。しかし、初感染時の初発症の場合は、ヘルペスが重症化する傾向にありますので、服用期間を長めにみてください。それでも改善しないようでしたら、改めて医師と相談してみましょう。

発症から服用開始までの期間が短ければ短いほど効果が高いといわれています。少なくとも、発症から5日以内に服用を開始すると良いでしょう。水疱瘡の場合には、皮膚に症状が現れてから2日以内に服用する必要があります。

ゾビラックスの主成分であるアシクロビルがウイルスに取り込まれることで、DNA合成を崩壊させる抗ウイルス剤です。ウイルスの活動が抑制されるため、治療用としてだけでなく再発防止目的でも服用されることもあります。

ゾビラックスの入手方法

ヘルペス治療薬ゾビラックス

再発率が非常に高いことが、ヘルペスの悩ましい問題です。再発が多い人の場合、治療を長期間続けていくと、どうしても薬代だけで高額な負担になってしまうというデメリットがあるのも確かです。かと言って治療しない訳にもいかず、一度ヘルペスに感染してしまったら、一生上手くつきあっていくしかありません。

このゾビラックスには、後発の新薬であるバルトレックスがあり、服用量も少量になり吸収性が改善されています。またバルトレックス自体が2013年に特許が切れているため、各メーカーがジェネリック薬品を販売しています。

しかし、未だにジェネリック薬に抵抗の有る方や、バルトレックスが身体に合わないという方もいます。またヘルペス治療の為に、病院に行くのにも時間がかかってしまいます。再発となれば、原因も分かっているので、わざわざ病院で長時間待たされた挙句、処方箋をもらうためのわずかな診察時間の為に、自分の貴重な時間を割きたくない忙しい方も多いでしょう。

この様な方には、通販サイトでゾビラックスをあらかじめ購入しておいて、自宅で治療する方法がオススメです。

入手時の注意事項

現在は、多くのサイトで海外製のジェネリック薬品だけでなく、正規のゾビラックスやバルトレックスの販売も行われていますが、当然のことながら、添付されている説明書の文章が英語となっており、解読することが困難です。やはり、使用上の注意を確認する必要があるため、説明書には目を通すべき。

そんな時に活用できるのが、WEB上に用意されている日本語版の説明書です。正規品の説明書もWEB上で確認ができるため、一度しっかり目を通すか、プリントアウトして保管しておくと良いでしょう。

個人で購入した場合でも、服用時に何かあったらすぐに服用を中止して、医師に相談をして指導を受けた方が良いです。特にゾビラックスの副作用については個人差があるため、少しでも違和感を覚えたら、即刻相談にいくべきでしょう。

参照資料:グラクソ・スミスクライン株式会社 ゾビラックス錠200

ゾビラックス200mg

ゾビラックス
ゾビラックスは、ヘルペス治療薬の元祖とも言えるお薬です。後発医薬品が出て来る中、飲みなれているとの理由で愛飲されている方もいる薬です。今ではバルトレックスやファムビル、ジェネリック薬のバラシクロビル錠がメインになっているため、処方される機会が多くはありません。しかし、通販なら気軽に購入できます。

評価:3.6

内容量:1箱25錠
販売価格:3,480円
決済方法:カード 銀行振込
配送方法:自宅配送・郵便局留め可能
在庫:あり
本日注文すると最短で9月29日(金)に届きます。

ボタンをタップすると、あんしん通販薬局に移動します。

口コミ

軟膏とともに ★★★★★
市販の塗り薬だけで治らない時に服用しています。昔からお世話になっていますし、未だに現役でお世話になっています。

60代 男性